SOLIZE Innovations セミナー

SOLIZE × ラティス・テクノロジー 共催セミナー[11月開催]

開催日:2018年11月30日(金)
会場:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター 12F/ホール12A

部門・企業を越えた3Dデータ活用をいかに実現していくか

SOLIZEはラティス・テクノロジー株式会社(※1)と合同で、「部門・企業を越えた3Dデータ活用をいかに実現していくか」をテーマにセミナーを開催します。

SOLIZE × ラティス・テクノロジー

大手商用車メーカーの日野自動車様において、SOLIZEが3D図面化プロジェクトの推進を主導し、3Dデータの流通・活用にラティス・テクノロジー社のXVL技術を採用することで、変革を具現化しました。

お客様の設計・製造現場に入り込み、3D図面の最適なアウトプット形式の決定から運用プロセス・ルール策定、全社・社外との広範な合意形成、実務適用サポート、運用改善、操作教育に至るまで、変革の具現化の前に立ちはだかるあらゆる障壁を突破するご支援をしました。

その結果、図面・製造指示書作成工数の半減などの、設計領域のみならず各部門やサプライヤに至るまで様々な効果を実現しました。(※2, ※3)

本セミナーでは、部門・企業を越えて3Dデータの流通・活用を具現化するポイントを、日野自動車様や大手電子機器製造メーカー様との事例を交えてご紹介します。この機会にぜひご参加ください。

※1 ラティステクノロジー社は、3D CAD情報の全社活用を実現する3D軽量化技術XVLを有し、DMU/Viewer市場では日本で圧倒的なシェアを持っています。(XVL Studioシリーズ シェア 79.3%(テクノ・システム・リサーチ社 2018年調査結果資料より))
また、XVL技術をベースに3D情報を活用した設計検証、組立工程検証、製造指示書作成、サービスドキュメント作成といったソリューションを製造業に広く提供してきた企業です。

※2 SOLIZEがご支援した変革テーマ例「ものづくり情報伝達の3D化」は、こちらをご参照ください。

※3 日野自動車様での取り組みは、こちら(ラティス・テクノロジー社のサイトにリンクします)に紹介されています。

開催概要

タイトル

部門・企業を越えた3Dデータ活用をいかに実現していくか

共催

SOLIZE株式会社、ラティス・テクノロジー株式会社

開催日時

2018年11月30日(金)
14:00~17:00(予定) ※受付開始13:30

会場

TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター 12F(MAP
ホール12A

内容

第1部:3Dデータ活用の活動推進のための「変革エンジニアリング技術」

  • 変革エンジニアリングのご紹介
    SOLIZE株式会社 取締役会長 古河 建規
  • 変革事例①:設計から他部門・社外への3Dデータ流通・活用(日野自動車様における事例)
    SOLIZE株式会社 Innovationsカンパニー Senior Manager 池田 陽輔

第2部:3Dデータ活用を具現化する「XVL技術」

  • 3Dデータを活かすXVLソリューション
    ラティス・テクノロジー株式会社 代表取締役社長 鳥谷 浩志
  • 変革事例②:3Dデータの活用のポイント、その効果と改善の方向性(大手電子機器製造メーカー様における事例)
    ラティス・テクノロジー株式会社 顧問 天野 裕章

※内容は諸事情により変更する場合がございます。

対象

  • 3Dデータの流通・活用を他部門へ拡大したい、設計・開発部門の業革・技管・情シス担当リーダーの方
  • 3Dデータを活用しているが自工程完結になっている、調達・生技・組立・品管・品証・アフターサービス・
    その他部門の方
  • メーカーと連携して3D活用を推進したい、サプライヤ(部品メーカー)の方

※同業種の方はご遠慮いただく場合がございます。予めご了承ください。

参加費

無料

定員

60名(事前登録制)

※11月22日(木)12:00までにお申し込みください。
※申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

お問い合わせ

SOLIZE Corporation
セミナー運営事務局 担当(広報部:清水)
TEL:03-5214-1919
E-mail : seminar@solize-group.com