インダストリー&事例

自動車

SOLIZEの自動車産業への貢献

自動車

自動車産業は2つの大きな変革期を迎えています。

市場のグローバライゼーションと開発の多様化とローカライゼーション
日本国内と欧米などの先進国市場では少子高齢化や若者の自動車離れなどに起因した需要の減少が続いており、今後も成長は横ばいと見込まれています。しかし、東南アジアを中心とする新興国では経済の急速な発展と生活水準の向上に伴い、個人向け乗用車や産業向け車両への継続的な需要が期待されています。各完成車メーカーや部品メーカーも新興国市場での国際的な競争を勝ち抜くために、従来の現地生産に留まらず開発拠点を現地に設立し、グローバル品質と市場へのコスト最適化を実現するための開発体制構築を急いでいます。

急速に進むEV化、AI・IoTによる自動運転技術の確立
約120年前にヘンリー・フォードによってガソリン自動車が発明されて以来、自動車は化石燃料による内燃機関を動力源としてきました。しかし、近年その常識が覆されようとしています。新興国の急激な工業化と自動車需要の広がりによる地球規模の温暖化とCO2(二酸化炭素)排出量規制に伴い、自動車業界にも環境負荷低減への対応が求められています。米国のZEV(Zero Emission Vehicle)規制、欧州での化石燃料車の販売規制、中国での新エネルギー車(NEV)への生産・販売シフトなど、低炭素社会実現への規制や取り組みがグローバルに強化されつつあります。また、今後ますます進展する高齢化社会に対応するために、事故時の乗員と歩行者保護のための安全機能のみならず、先進運転支援システム(ADAS)や人工知能(AI)システム・IoTによる自動運転などの事故を起こさないための高度な安全性能の実現が求められています。

SOLIZEは、ものづくりの分野でいち早く3Dプリンターや3D CAD、MBDなどのデジタル技術を取り入れ、設計・解析から試作まで、製品開発の進化を牽引してきました。日本、インド、中国、北米、欧州で1,700名を超えるエンジニアが、自動車産業におけるグローバルな製品開発パートナーとして、変化の時代が求めるニーズに対応すべく、独自の「エンジニアリング力×変革力」で価値の最大化を実現します。

事例

TOP OF PAGE

その他

SOLIZEのその他産業への貢献

SOLIZEでは、重工業、エネルギー/インフラ、電機・電子機器、医療機器、金融サービスなど、幅広い業界・業種のお客様に、新たな価値をお届けしています。

電機・電子機器

医療機器

エネルギー/インフラ

重工業

金融サービス

事例

TOP OF PAGE